PROFILE

藤井信雄 (ふじいのぶお)/ドラムス/北海道生まれ

 18歳、ジャズを知り、早稲田大学モダンジャズ研究会でドラムスを始める。大学二年、既に活躍する7歳年上のドラマー古澤良治郎氏(2011年没) に見出され、プロの世界に入る。坂田明(as) トリオを初め、多くのバンドでレギュラー、セッション・ミュージシャンとして、ライブハウス、国内ジャズ、ロック・フェスティバルやコンサートは元より、メールス、ベルリン、モントルー等の海外ジャズ・フェスティバルにも出演、また多くのレコーディングにも参加。ジャズに留まらず、様々なリズムを取り入れた幅広い演奏スタイルと、その安定したプレーには定評がある。”常に現場で、独自の解釈や奏法を模索し、新しい音楽表現を追求すること”を信条とする。当に円熟の機にあるトップドラマーである。

近年は、Giulietta Machine [ジュリエッタ・マシーン:江藤直子(p) 大津真(g) 藤井で2000年にレコーディング・バンドとしてスタート/後に西村雄介(b) 加入/アルバム4枚をリリース]、他で活動中。